タグ:屋台的視点 ( 4 ) タグの人気記事

えずこホールのらくがっき

先月になりますが、地元のえずこホール主催で「野村誠と宮田篤のらくがっきワークショップ」がありました。

団体としての活動ではありませんが、複数のメンバーが一緒に参加していて、作曲家の野村さん美術家の宮田さんの「だじゃれ×え×がっき」の組み合わせで生まれる様々な音楽やさっきょくのめくるめく世界。
参加した人の個性や組み合わせでどんどん展開していきます。

会場には、中央にコタツが置かれ、書かれた絵が吊るされ、相当楽しい状況に。折角屋台の主要メンバーもかかわっていることだし、ということで仙台で活躍したプラダンドームも設営することに。
らくがっきの会場風景
個人的にも1歳半の娘が思う存分楽しめるだけの余白がある場でしたし、愛用するミュージカルソーの紹介もできたのでたっぷり楽しみました。

・・・連想が連想を呼ぶという「らくがっき」。
そう考えると「だじゃれ」とは、コミュニケーションにはつきものの「ずれ」を面白がる技術だったんだ、と再発見。
来月も第2弾があるそうです。

日時:2010年3月17日(水)~18日(木) 両日とも19:00~21:30
会場:えずこホール
参加費:大人500円、学生300円
お問い合わせ:えずこホール 電話0224-52-3004

Report by Kaiko
[PR]
by yatai_union | 2010-02-05 01:06 | 屋台日記

アサヒアートフェスティバル2008報告会へ

 AAF2008の全国の参加団体が集まる報告会に、春2月のプレゼン、夏6月のオープニングに続いて出席してきました。東京は浅草、雷門より徒歩5分のアサヒビール本社のアサヒアートスクエア、つまりフィリップ・スタルクによるとても有名な金色の巨大なオブジェの真下が会場です。

続きを読む・・・
[PR]
by yatai_union | 2008-12-04 09:38 | 屋台日記

黄金町のじんじんさん

 夜明け前に上京し、東京の報告会にいく前に少し時間ができたので、横浜市の黄金町界隈を散策。ここで開けれている黄金町バザールというアートプロジェクトの一環で、きむらとしろうじんじんさんが招かれ、今秋何度となく野点を開いておられました。その話はかねがね直接聞いており、何とか現地に足を運んでみたい、という念願が叶いました。
 実は現場に行くまでの間、携帯の充電が目的で1時間だけ駅前のネットカフェに滞在しましたが、都市難民と呼ばれる夜間利用者の存在と切迫感に声を失ってしまいました。その後は朝日の中を寿町のドヤ街を通って黄金町にたどり着くという、極めて異例な横浜観光となりました。
d0138443_11134292.jpg

 黄金町はかつて売春を主とする裏社会はびこる場所であり、横浜市が環境浄化と再開発をアートで推進している特異な街、という認識で乗り込みましたが、早朝のその町は、柳の葉がそよぐ運河が静かに流れ、雑然とはしていながらも「人間臭い」街だなぁ、というのが正直な印象でした。
d0138443_11144991.jpg

 閉塞感のある現代において、アートはあらゆる価値観の壁を横切っていく有効な手がかりかも知れません。その重要性はコミュニケーション欠乏社会にとって次第に認知されつつあります。
 そんな認識が共有されつつも、その界面に立つ人々が得る葛藤や矛盾は、横断する価値観にギャップがあればあるほど大きくなる。それは活動を共にするという生ぬるい在り方だけでは理解できないかもしれません。
d0138443_11151186.jpg

 特にきむらとしろうじんじんという個性は、価値観がせめぎ合う「路上」という現場の世界で、通りかかった人々の目をくぎ付けにしてしまう強烈な存在感で既存の価値を打ち壊し、それを一服のお茶の時間へと切り結び、寛容と平和をもたらすアーティスト。今回特別仕様のコスチュームがその意気込みと覚悟を物語っています。
d0138443_11254128.jpg

 私は時間が切れてご本人にはひと言だけ掛けて浅草へ。野点そのものは他のメンバーに視察を託しました。
「昨日は穏やかに晴れて、実にえぇ現場でしたよ」と、その後電話でお聞きしたお声からは、葛藤を乗り越えた者だけが持つ充実感に満ちたものを感じました。この現場で何を得たのか、また別の機会にじっくり聞いてみたいと思います。
 お疲れさまでした。

レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-12-01 11:11 | 屋台日記

水戸の妄想屋台視察

 駅前大野点のメインアーティストである「きむらとしろうじんじん」による水戸市のプロジェクト「妄想屋台連合」の視察に水戸芸術館まで足を伸ばしてきました。
スケジュールが短い中の視察であったことが大変に悔やまれましたが、妄想屋台のエッセンスを濃密に感じてきました。
 数多くは廻れませんでしたが、中でも私たちの作った「こたつ屋台」に感銘を受けて作ったという「ストーブ屋台」には感慨深いものがありました。ただのコピーではなく、作りがとても洗練されていて、見ないうちに大きくなった子供に出会ったような不思議な感覚がしました。実際に妄想屋台を作り上げた皆さんともお話しをする機会があり、やはり屋台を通しての出会いや触れ合いが一番の喜びであることの点で深く通じることができました。その純粋な気持ちがそのままストレートに現れる「屋台」の魅力を改めて確認してきました。
 空き店舗での製作・展示など、まさしく私たちの構想の中にあったものが実現されている一方、運営方法や規模などは大いに異なりますが、心通じる企画として今後どのように展開していくか注目していきたいと思います。いつか屋台連合祭りができたら最高でしょうね!

その妄想屋台、今週末がいよいよクライマックスだそうです。


レポート by 海子
d0138443_10394427.jpg
d0138443_1038308.jpg

[PR]
by yatai_union | 2008-11-15 10:42 | 屋台日記


宮城県南部を拠点とし、あらゆる境界を乗り越え、ちょっと変わった切り口で町を楽しいステージに変えていく現場第一主義の企画集団、アート屋台プロジェクト実行委員会の公式ブログです。


by yatai_union

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
屋台日記
お知らせ
募集中
未分類

タグ

(47)
(38)
(37)
(11)
(10)
(9)
(7)
(5)
(4)
(4)

検索

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by yatai_union at 11:59
うれしいね。亀之助の研究..
by 赤間敬一 at 15:19
陶号様、はじめまして。 ..
by yatai_union at 12:31
仙南で芸術活動しているも..
by 陶号 at 09:20
momo様 団扇の購入..
by yatai_union at 10:21
まる9さま コメントあ..
by yatai_union at 16:31
じんじんさんの屋台にボラ..
by まる9 at 22:56
告知もほとんどない中、 ..
by yatai_union at 11:38
こんにちは。 先日は屋..
by マツケン at 06:24
カフェ・イン・水戸お疲れ..
by yatai_union at 20:28

以前の記事

2014年 07月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧