<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

AAF2009報告会レポート

 去る11月14日(土)-15日(日)の2日間、東京都墨田区のアサヒ・アートスクウェアで、アサヒアートフェスティバル(AAF)2009の報告会に参加しました。
d0138443_155513.jpg
全国から土地の特色光るプログラムの報告を携えた団体が数多く参加するイベントです。

2月のプレゼン以来ですが、親子3人で今回も上京しました。

私たちのメインプロジェクトはつい半月前に終わったばかりでしたので、とても短い時間の中で準備して、整理してこの日に臨みました。


北からの発表順でしたので、我々の報告は早い時間帯に終わりました。初めて動画に挑戦してみましたが、うまく報告できたかわかりません。自分たちのプロジェクトのコンセプトや取り上げたアートへの理解や解釈をわかりやすい言葉にする(リテラシー)が試されます。
失敗も成功も、できるだけ正確に伝わるように心がけて発表しました。
d0138443_201237.jpg一方、団体ブースでは恒例の?交感書道です。今回も葉書で交感です。

全プロジェクトの報告の後では、地域間交流プログラムの報告もあり、今年の夏の青森研修の報告もさせてもらいました。

検証委員の指摘を聞くと、今年は「子供」「食」「医療(健康)」の共通したテーマが多くみられたとのこと。問題意識の向かう方向が、地域の特性を超えて、社会全体の不安を反映したものかもしれません。



2日目はレクチャーとシンポジウムに参加しました。
レクチャーでは最新のネット活用法とファンドマネジメントを学びましたが、午後からの迎える側の住民代表の方の貴重な話を聞くことができました。特に隠岐の神主さんの話された、「なぜアートでなければならないのか?」という問いかけに応えられる意識をもつ重要性を学ばせていただきました。
d0138443_204779.jpg2日目最後の円卓会議。

発言の場としては最後となるため、活発に議論が交わされました。
私もプロジェクトで得た街からのリアクションや自分自身の足元をストレートに話題の俎上に上げることで、個々の問題と普遍的な概念をつなげるように発言を投げ掛けてみました。

その議論を通して、アートが持つ新しい価値観の創出が、疲弊した地域社会を目覚めさせ変革を起こそうとする明確な方向性を皆さんが持って集まっていることがわかり、このフェスティバルに参加できてとてもうれしく感じた時間でした。


ところで、今回は事務局の皆さんが託児スペースを用意していただき、丸2日間プログラムの間ほとんど預かってもらいました。
d0138443_211152.jpg
なんとプロの保育士さんが付きっ切りで1歳半の面倒を見てくれました。(本当にありがたい!)
子育て世代がこういった活動をするにあたって一番の障害になっている部分にきちんと光を当てて、対応していただいたところに、このフェスティバルの人情味と意識の高さを感じました。


気がつけば2年もこの場所に通わせてもらって、いつの間にかこのネットワークの中に居場所ができていたようにも思います。

ぜひまたここに戻ってこようと思います。

Report by Kaiko
[PR]
by yatai_union | 2009-11-25 02:01 | 屋台日記

未来と記憶の幻想屋台報告:2日目

2日目となる11月25日は県知事選挙の投票日と重なりました。
駅前の再開発ビルも投票所のひとつで、一人でも多くの来場が期待できました。天候もやや肌寒いながら前日の雨も無事上がり、予定通りプログラムの開催となりました。

駅前広場では「思い出カフェ」と称して、この地域の過去と未来の「話を聞く場」づくりを目指し、薪ストーブや、美味しいコーヒーを用意して、直接この広場を利用する方々の生の声を集めることができました。

この広場は昨年の「駅前大野点」を開催した記念すべき場所。
駅前の交番のお巡りさんや、商店街のお店の方々も覚えていてくれました。


d0138443_2544086.jpg投票日とはいえ、休日はシャッターが降りているお店も多く、人通りはまばらでしたが、それでもこの即席のオープンカフェには年齢や職業など様々な人々が訪れ、希薄に見えてもこの空間に人が寄せる思いを感じることができました。


駅前から徒歩10分程離れた甲子公園でも複数のプログラムを実施しました。

「土と食の記憶〜コンニャク作り」では講師に地元の93歳になる日下ようさんをお迎えしました。今年収穫された蒟蒻イモを使って、参加者やスタッフと一緒に蒟蒻作りを学びました。

d0138443_2523524.jpgこの日はミキサーを使いましたが、本格的に作るにはお湯の中でおろし金で摩り下ろすそうです。
ところが、生イモを素手で触るとかぶれてとても痒くなります。ゴム手袋を用意し、ゆでたイモを使いましたが、それでも痒みが走ります。

ところが日下さんは素手だけで練っていきます。やはり年季が違いますね。

d0138443_2532777.jpg十分に練り終わったら凝固材の生石灰を加えて固めていきます。
これは素早く作業しないと、形のよい蒟蒻はできません。

固まったら包丁で切り、ストーブ屋台のお湯で煮てアク抜きをして出来上がり。
出来立てを早速試食しました。
プリプリとしっかりした歯ごたえがとても美味しかったです。


その傍らで盛り上がったのが「遊びの記憶屋台」の基地作りでした。
段ボールを組み合わせて自由に遊びますが、子供たちの歓声が上がるたびにどんどんその形は変わっていきます。


あるときはカマクラ風、あるいはガンダム風になったり、

茶の間ができて、離れができて、そこをつなぐ渡り廊下ができて、お店もできる。お店ごっこでは子供たちなりにルールを決めて、大人も一緒に切り盛り。
尺八の生演奏の飛び入りもありました。

d0138443_3143729.jpg小山田氏の発案で、今回段ボールを使うことになりましたが、安全性や子供の創造を促す無限の可能性、そして肌寒い季節でも暖かな段ボールが守ってくれる安心感。
公園に鎮座する巨大な遊具と対照的に、何度でも作っては壊すことのできる遊びは、現代の子供たちにも新鮮さと自由さをたっぷり味わってもらえたようです。

d0138443_315280.jpgさて、日も暮れ始めて再び駅前広場の様子です。
ここのカフェは町内で実際に営業している喫茶店の方が淹れた本格コーヒーが飲めました。昨年に続いての協力をいただきました。

d0138443_3152213.jpgコーヒーの他に、差し入れの焼き芋を焼いたり、火と食べ物という原始的かつ最小最強の共有スペースが生まれました。
初対面でも一緒に体験することでつながりあえる「暖かく美味しい食べ物」の力は絶大ですね。
正真正銘の屋台がかつてもっていた魅力のひとつですが、単なる飲食に留まらず、町の中に居場所と出会いを生む力もあったともいえましょう。
実際、火を囲む若者の中には家庭の殺風景な食卓を連想させる話をする者もいて、この現代においてはそういった心の連帯を生む場こそが求められていると痛感しました。

火を焚いて、焼き芋を食べているだけに見えて、この状況を作り出すことがアートに許された最大の成果かと思います。



Report by Kaiko
[PR]
by yatai_union | 2009-11-04 02:55 | 屋台日記

未来と記憶の幻想屋台報告:1日目

 朝10時に大河原駅前に集合。お天気は薄曇り。屋台の黒板を使って、小山田さんの青空レクチャーで幕開けです。これから歩くこの土地がどう成り立っているかを、遥か5億年の時間の尺度と地球レベルで解説。新鮮な目線を得ての街歩きスタートです。
d0138443_2385040.jpg歩き始めてすぐに優良物件を発見。
昔から残る材木屋さん。
木造倉庫の趣ある姿と廃品を使った塀が白眉。

d0138443_2415626.jpg「これは鉄ちゃんにはたまらんアイテムやろな」
枕木を再利用した駐車場の車止め。鉄道関連は再利用の宝庫だとか。
他にも木製の社名が枯れていい感じになった看板とか、
線路内のセイダカアワダチソウのお花畑を愛でたり、
宇宙船のようなドーム型温室を観察・・・。

出発してからわずか100mの距離に続々認定物件がざくざく。
このままでは全然先に進めへんで!と歩みを急ぐことに。

d0138443_2423424.jpg今回の「アーティストと歩く街歩き」には新しく発明?した「風景収集車」が活躍しました。これはイイ!と認定された物件をインスタントカメラでパシャ。地図にドンドン貼付けられていきます。情報が歩きながら足されていって、途中で会う人も経過を知ることができます。強引だけれど、人力学習型自走式タウンナビゲーションマシン、というところか。

地味ながらも、かなり目を引きます。こんなにあからさまに街歩きを表明している装置はないかも。

参加者の荷物も積めるところもナイス。

d0138443_2431184.jpg歩けば、初めて見る街の顔の一面との出会いがある。

忘れ去られたような石碑や石仏には、当時の人々の切実な願いや祈りが息づいています。




d0138443_2443034.jpg途中参加者を加えて、午後も足取りは軽い。
ここは町内最古?の石倉。かつては備蓄用の米穀を納めていたという。その明かり取り窓には菊の紋章。富国強兵の時代に国策として作られたのでは?というのは小山田さんの説。

今は町保有の資材倉庫となっているんだそうです。

d0138443_245235.jpgみんなで楽しく墓巡り。
町を一望できる丘の上の町営墓地です。頂上に並ぶ名家の墓石も見事ですが、新しい感覚で自己表現された墓石も興味深い。
この土地にルーツを求める人にとっての聖地、あるいは始発駅であり終着駅なのかも知れない。

d0138443_38475.jpg町歩き隊は路地が大好き。リヤカーを同伴していることもあり、交通量が少ない道を選ぶと必然的に道は細い方になってしまいます。また路地は街の暮らしの生き生きとした顔がよく見えるところなのです。・・・が、これは狭すぎました!
屋台の幅ギリギリの路地、というより通路。途中手で担ぎ上げて、なんとかクリア!
この日、最大の山場だったかも知れません。

d0138443_395773.jpg終了予定の午後3時に駅前に戻ってきました。

d0138443_3104470.jpg明日のイベントに備え、雨の中スタードームを組み立てます。
(2日目につづく)
Report by Kaiko
[PR]
by yatai_union | 2009-11-04 02:46 | 屋台日記


宮城県南部を拠点とし、あらゆる境界を乗り越え、ちょっと変わった切り口で町を楽しいステージに変えていく現場第一主義の企画集団、アート屋台プロジェクト実行委員会の公式ブログです。


by yatai_union

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
屋台日記
お知らせ
募集中
未分類

タグ

(47)
(38)
(37)
(11)
(10)
(9)
(7)
(5)
(4)
(4)

検索

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by yatai_union at 11:59
うれしいね。亀之助の研究..
by 赤間敬一 at 15:19
陶号様、はじめまして。 ..
by yatai_union at 12:31
仙南で芸術活動しているも..
by 陶号 at 09:20
momo様 団扇の購入..
by yatai_union at 10:21
まる9さま コメントあ..
by yatai_union at 16:31
じんじんさんの屋台にボラ..
by まる9 at 22:56
告知もほとんどない中、 ..
by yatai_union at 11:38
こんにちは。 先日は屋..
by マツケン at 06:24
カフェ・イン・水戸お疲れ..
by yatai_union at 20:28

以前の記事

2014年 07月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧