カテゴリ:屋台日記( 43 )

アーティスト宿泊先の大掃除

 
d0138443_19463515.jpg

 一昨日、メンバー有志により来週お迎えするアーティストの滞在先を清掃しました。
隣の柴田町のとある集落の一軒家を、夏にお世話になったNPO法人笹舟の方々から提供して頂き、今回10日近い滞在の拠点としてお借りすることになったのです。
 滞在するには色々と片づける必要があったのですが、お住いになっていなかった歳月の埃は、明るく元気なメンバーの女性陣の見事な手技で、見違えるようになりました。
しかも休憩には淹れたてのコーヒー、お昼には豚汁、そして落ち葉で焼いたヤキイモ!
d0138443_1939474.jpg

お掃除は大幅に予定を超過して夕方までかかりました。大変な作業でしたが、やはり皆で目標に向かって作業するのはとても楽しい時間でもありました。
 自分達が企画したアートイベントのため、そして愛すべきアーティストの為の清掃が、結果的に一軒の忘れ去られそうな家の歴史までも洗い出されていくことにつながっています。地域との関わりを深める大事な製作行程です。
d0138443_19372998.jpg

 まだまだ作業は残っていますが、お迎えする日が今から楽しみです。
レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-09-30 19:47 | 屋台日記

町へ!ポスター配付

先日出来上ったポスターとチラシを持って、大河原駅前を中心にメンバーと手分けして配付に廻りました。事前のご紹介があったお陰もあり、ほとんどのお店の方々は快く了解していただきました。
メンバーの合言葉は「じんじんジャック」。町中にならんだじんじん氏アップ写真は、さながら鳥追の目玉の様に、通りかかる人々の瞳を奪うことでしょう。
d0138443_3441081.jpg

慌ただしい時間の中でしたが、この機会に始めて伺ったお店もあり、更には自分達の温めていた企画をお話しする、「直にまちに触れる」貴重な時間でした。
今回ポスターがギリギリになってしまいましたが、次回はもっと時間を取って廻りたいと感じました。

レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-09-25 03:37 | 屋台日記

AAF地域間交流2008レポート「「アート屋台プロジェクトin 仙南 meets Art!Port!Onahama」

 去る9月13日〜14日、AAF交流支援プログラムで生まれた「アート屋台プロジェクトin 仙南 meets Art!Port!Onahama」への参加のため、福島・いわきの「Art!Port!Onahama2008」の会場に行ってきました。
 仙南からはスタッフ4名が2台に便乗、アート屋台のシンボルであるリヤカーを軽トラックに積み出発。片道4時間の長旅を終え、いわき湯沢のICをおりると、やはり常夏の常磐だけあって夏気分。海が見えると自然にボルテージもあがります。
 会場には10時半近くに到着。港全体がお祭り直前の雰囲気です。挨拶もそこそこに、予定通りスタードームの組み立てを始めました。小名浜の竹を使用したい、とのご希望から、製作のコツや道具の提供などをして準備して頂いていたものでしたが、できあがった部品を見ると実に丁寧な仕上がりで脱帽です。まさしくぶっつけ本番でしたが、屋台側のドーム棟梁の元順調に立ち上がり、持ってきた天幕を掛けて無事完成しました。
d0138443_961093.jpg

 今回のアート屋台は「交感書道屋台」というもので、今までのワークショップ形の企画とはひと味違う試みです。白うちわに自分の「一字」を書き、代わりに誰かのうちわ作品を持ち帰る、というシンプルなものですが、まさしく人の出会いと触れ合いの接点に焦点をあてたものです。建てたドームの中にはあらかじめスタッフやアーティストが書いた作品50点あまりがセットしてのスタートです。果たしてうまく展開していくのか?自分の作品は誰の手に渡るのか?期待と不安でいっぱいです。
d0138443_9135420.jpg

しかし、その杞憂もつかの間、通りすがりの親子が最初の団扇を手にすると次々と回転し始めました。「自分のを持ち帰るんじゃないの?」という戸惑う方も少なくありませんでしたが、自分の団扇が誰にわたるのか気になって何度も足を運ばれたり、趣旨を理解されると皆さん楽しんで参加して頂きました。しかしどんな一字が人気があるのかは全くの未知なる世界です。(中には説明用に飾っていた「無料」の一字の団扇を持ち帰られた方も!)つくづく出会いとは妙なるものかな・・・。
d0138443_9195961.jpg

d0138443_921616.jpg

結局、実行委員会で用意した550枚は2日間でなくなってしまいました。
この小気味よい回転は大変に痛快なものでした。書の一字に託し、まさしく一期一会の場に立ち会うような感慨を持ちました。
 思えば、このような企画自体、AAFでの交流が無ければ想像すらできなかったでしょう。その出会いの形をそのまま企画にしたのが今回のアート屋台ともいえるでしょう。
d0138443_1074836.jpg

 断片的でしたが、Art!Port!Onahamaのスタッフの士気の高さ、規模、運営などには非常に驚かされました。また市内複数の会場で同時に行われていたり、と圧倒されました。ゆっくり語らうことはできませんでしたが、土壌は違うものの同じ一般生活者として、アートを介して街とどう向き合うかを同じ目線で考え、企画を作り上げたこと自体が何よりの成果でした。実行委員会の皆さん、アサヒビール芸術文化財団の皆々様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

→Art!Port!Onahamaさんのブログでの記事

 さて、次はいよいよ私たちの番です。紆余曲折ありましたが、ようやくの本番です。今回手元に残った団扇を使って、仙南でも「交感書道」をします。小名浜の方が書いた一字が仙南の誰かの手に渡ります。
 ご期待ください。

レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-09-19 09:40 | 屋台日記

地元紙に取り上げられました。

 アート屋台プロジェクトの一環である「アート探偵」が地元新聞社の河北新報さんに記事として朝刊に掲載されました。
アート屋台のメイン事業「駅前大野点」の準備もいよいよ佳境。記事が少しでも起爆剤になりますように。
d0138443_9414164.jpg

(クリックすると拡大できます。)
[PR]
by yatai_union | 2008-09-10 09:49 | 屋台日記

竹箸屋台第1回、無事終了しました。

去る7月27日、AZミュージックフェスティバル会場において、竹箸屋台と書道屋台がたくさんの方々に参加いただき、無事終了いたしました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!
d0138443_218954.jpg

宮城県は梅雨明け宣言後、梅雨入りしたようなお天気が続き心配していましたが、なんとか持ちこたえ、安堵しました。

竹箸屋台では約70人の参加がありスタードームの中は常に満杯!
削ったあとに、柿渋や焼きゴテで模様や仕上げをし、色とりどりのマイ箸が完全していました。オリジナル箸袋もご好評いただきました。
d0138443_2115578.jpg

d0138443_21153825.jpg

書道屋台では、エコをテーマに思いおもいに書いていただき、いろんな生まれたての心の書が、風にゆらゆらと揺られ、楽しそうにダンスをしていました。
d0138443_21155387.jpg

d0138443_21161374.jpg

d0138443_2116384.jpg


箸づくりではナイフ工作が初体験!という方が多く(ほとんど)、最初は本当にできるの?と不安な様子でしたが、気がつけば時を忘れて工作の世界にのめり込んでいました。決して簡単なワークショップではありませんが、ものづくりの楽しさ、奥深さに触れる屋台の一時を提供できました。

今回来られなかった方は、8月10日(仙台)でぜひ体験してみて下さい。

レポート@五十嵐
[PR]
by yatai_union | 2008-07-28 21:27 | 屋台日記

アート探偵(街歩き+路上観察会)

 先週末24日に実行委員だけで試験的に路上観察会を行いました。
路上観察といえば、赤瀬川源平さんの「超芸術トマソン」が有名ですが、見慣れた街も見る人や角度によって新しい一面が見えてくるのではないか?あるいは暗黙の了解で認識している土地への共通の認識を確かめたい、という意図もあります。

 朝9時半に出発地のえずこホールに集合。ここから大河原駅前広場を目指します。まっすぐ歩けば40分程の距離です。すっきり晴れて最高の散歩日和。
d0138443_10424370.jpg

車で目にしていた公園も入ってみると発見も多く、
d0138443_10443176.jpg

アートとは呼べないかも知れないけれど、
d0138443_10483435.jpg

初めて歩く細い路地に興奮したり、とそこに息づく人々の生活の痕跡が歩くたびに発見できました。
 結局5時間も掛って、目的地に到着です。お疲れさまでした。お陰で魅力も課題も多いことが確認できました。
d0138443_10532017.jpg


 これは色々と目線を変えると面白そうですね。猫の分布マップや公園の遊具マップ、お昼寝できそうな場所マップ等々。公募&投稿形式にして「今日アゲハ蝶が羽化していた場所」とか些細なことでも埋込まれているようなインティラクティブなマップも出来そう。

 このプログラムは「アート探偵」と称して、10月の企画本番に掛けてのプレイベントに育てていく方向で検討しています。
 ゆくゆくは様々な楽しみ方ができる、新しくオリジナルな絵地図を創造していきたいと思います。
[PR]
by yatai_union | 2008-05-28 11:00 | 屋台日記

AAF地域交流レポート:小名浜アートツーリング

 2008年5月7日~8日に掛けて、福島の小名浜港に行ってきました。
 AAF2008の「地域交流プログラム」で参加することとなった、Art!Port!Onahamaの会場の下見と打合せが目的ですが、ただ足を伸ばすだけではなく、間に横たわる距離も体感したいと、単身バイクでの旅に。
 朝7時に宮城県の自宅を出発し、一路いわき市を目指して南下します。ただの移動ではつまらないので、なるべくバイパスを避け、原付+リヤカーでも移動できるようなローカルな道を選んで走ります。 浜沿いの街道は、高速道路並みに整った県道もあれば、正反対の標識すらない急峻な細道もありと、実にバラエティ豊かな移ろいゆく風景のグラデーションが流れていきます。
d0138443_17322140.jpg

d0138443_1733236.jpg

 午後1:00。予定通り小名浜港に到着。長そででは汗ばむような陽気です。南に下ってきただけありますね。海に臨む気持ちよさそうなデッキで事務局の皆さんとご対面です。バイクのせいで軽い興奮状態で自己紹介。倉庫を改造したレストラン「さんかく倉庫」で石窯ピッツァとパスタを頂きました。目光り入りで美味しかったなぁ。
d0138443_17345389.jpg

 色々な話の中で、いわき市のギャラリーの数に驚きました。30万人の都市でギャラリーが14~15軒あるというのは、仙南と比べるとまぶしい位。しかも関東との距離の近さから、定年退職後の移住者が多く、「東北の湘南」と言われているとか。でもそのレッテルに地元の方々が満足しているかは、また別の話。
 場所を移し、会場予定地へ。先ほどのレストランと同じ並びですが、こちらは堅実に仕事をこなしてきた老兵のような趣が漂っています。味わい抜群ですが、維持に相当な労苦が忍ばれます。
d0138443_17353582.jpg

 ここでは9月の参加予定日に港祭りも開催され、人出や露店で会場付近はごった返すとか。季節もまだ暑く、薪ストーブは厳しそう・・・。
 もう一方の候補地も下見しました。地元のスーパー「リスポ」の駐車場です。ここは単独ゲリラのごとく煙や移動などある程度自由度が高い場所だとか。余りにも広いので、淋しくならないような他の企画とのコラボや、小屋づくり+お茶会、なんてアイディアも。
d0138443_17364577.jpg

 今後の課題としては、企画自体の他に、仙南~小名浜の距離をただの移動以上に何か意味あるものにしていくことと、小名浜側が屋台企画にどう参加してもらえるか、というところかな?何しろ私たちアート屋台の能力も全くの未知数。新しい仕組み双方作り上げていくという形になりそうです。
 陽が傾き、とても名残惜しいのですが、予約したキャンプ場に向かう為に小名浜の皆さんとはここでお別れです。お土産にいわきの石を頂きました。(笑)僕らの「さくら石」に刺激を受けて、とのことですが、バイクなので3個だけ頂くことに。4月の私たちの企画の余波が150km離れた人のアンテナに入り、ユニークなリアクションがあったこと自体がとても可笑しく、とても嬉しいプレゼントでした。
d0138443_17372289.jpg


 翌日の午後3時に無事自宅に帰還しました。体力も使ったけれど、収穫多き旅でした。
詳しいフォトライブラリはこちらでお楽しみ下さい。→旅のアルバム

 Onahamaの皆さんは色々な制約やワクの中でも、粘り強く地域に関わり続けるという姿勢には見習う点も多くありました。その一方でピュアな部分も決して揺るがない、という方々ばかり。今回は単身で出かけましたが、知らない土地でも誰か一人でも知りあいができると、途端にその街が訪れた人にとって親しみを感じる場所となる。その孤独な旅でも道程の向こうに待っている人や街がある、というのは実にいいものです。
 さらに今年のAAFのテーマは「アートツーリズムで行こう!」です。アートも旅も人の微細な心音に出会い、触れるのが一番の喜びのはず。離れた距離を越え、体温が伝わるようないいイベントにしていきたいと思います。

レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-05-12 17:42 | 屋台日記

さくら屋台のご報告

 去る4月13日、満開の一目千本桜の中、さくら屋台が開店しました。
ご来場いただきました。皆さん、ありがとうございました。
さくら屋台
 思いおもいに白石和紙でつくる『さくら石』。
たくさんの方々に参加していただきました。楽しむだけではなく、和紙の持つ性質や、和紙ができるまでの過程なども知っていただく機会になりました。。石選びに並みならぬ意気込みを掛ける方、1時間近く何層も重ね貼りしている方、楽しくてもう一つ作っていった方などなど、皆さん思い思いの作風で、個性ある作品が生まれました観賞するだけではない、新しい花見のスタイルを提案できたと自負しています。
d0138443_13454637.jpg

 また、手作りのスタードームも、春の肌寒さを和らげ、ドームの構造にも興味をしめしていただき、スタッフが熱心に竹切りから始めたことを説明する場面がいくどもありました。
d0138443_13255195.jpg

 そして作り終えて「こたつ屋台」でお茶を飲んでいただきながら、和紙のこと、桜のこと、町のことなど、文字通り話に花が咲き、終始和やかな雰囲気に包まれたイベントとなりました。

 ひとつのワークショップの中で、和紙をとおして、スタードームをとおして、屋台をとおしてたくさんのコミュニケーションが生まれたことが何よりです。
ワークショップの後半では、参加された方が手持ちの尺八をだしドームの中でBGMとして、しばらく生演奏をしていただくサプライズもあり、現場ならではの嬉しいひとときでした。
d0138443_13242639.jpg

小雨交じりの肌寒い日で、しかもあまり広報をしていなかったにも関わらず、70数名の方に体験していただきました。
 協力していただいた笹舟や蔵富人さん、さくら祭り実行委員会の方々などこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

※後日すっかり乾燥して出来上ったさくら石です。
d0138443_13245358.jpg


※さくら屋台が地元の新聞に取り上げられました。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1025/20080417_05.htm

 次回の企画が決まり次第こちらでアップいたします。それまでお楽しみに。

レポート@五十嵐
[PR]
by yatai_union | 2008-04-21 13:14 | 屋台日記

さくら屋台会場の様子

 13日の会場予定地の写真です。
6日の写真なので、桜はもう少し開いて今は3〜4分咲き。
末広橋の向こう側に蔵王連峰がきれいに見えますね。
d0138443_11593325.jpg

当日は満開の見頃でしょう。良い天気に恵まれますように。

レポートby 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-04-10 11:59 | 屋台日記

天幕作り 2

 今週末の本番に向かって急ピッチで準備中です。

d0138443_11543070.jpg 巨大なウェディングドレスでなく、先日裁断したスタードームの布地を縫いあわせています。色々な人の手をお借りしながら、星堂建設職人の山口さんがほとんど一人で縫合せました。(本当にお疲れさま!)
製作できる(縫える)人が限られていて、かなりの重労働です。ここがスタードームのウィークポイントです。次回は別な方法を発明せねば・・・。

 さて日曜日に間に合うか?いや間に合わせてやりましょう!!

レポート by 海子
[PR]
by yatai_union | 2008-04-10 11:55 | 屋台日記


宮城県南部を拠点とし、あらゆる境界を乗り越え、ちょっと変わった切り口で町を楽しいステージに変えていく現場第一主義の企画集団、アート屋台プロジェクト実行委員会の公式ブログです。


by yatai_union

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
屋台日記
お知らせ
募集中
未分類

タグ

(47)
(38)
(37)
(11)
(10)
(9)
(7)
(5)
(4)
(4)

検索

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by yatai_union at 11:59
うれしいね。亀之助の研究..
by 赤間敬一 at 15:19
陶号様、はじめまして。 ..
by yatai_union at 12:31
仙南で芸術活動しているも..
by 陶号 at 09:20
momo様 団扇の購入..
by yatai_union at 10:21
まる9さま コメントあ..
by yatai_union at 16:31
じんじんさんの屋台にボラ..
by まる9 at 22:56
告知もほとんどない中、 ..
by yatai_union at 11:38
こんにちは。 先日は屋..
by マツケン at 06:24
カフェ・イン・水戸お疲れ..
by yatai_union at 20:28

以前の記事

2014年 07月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧